スポンサーリンク

トムとジェリーの最終回

オカルト

1940年代にアメリカで公開され、爆発的なヒットを記録したカートゥーン映画「トムとジェリー」は、日本でも1960年代に放送が開始され、以降も何度も再放送されている人気アニメです。

その人気アニメ「トムとジェリー」には、まだ発表されていない最終回が存在するという都市伝説があります。
その内容とは、、、

トムは猫の特性である自分が寿命だと悟る習性があり、その姿を他に見られないようにひっそりとジェリーの前からこっそりと姿を消しました。
トムがいなくなった時に、ジェリーは。猫だから、最期にどんな行動をするのか気づいていました。
ジェリーは富むがもう、この世の中からいなくなったという事で諦めがついたはずでした。
でも、 ジェリーの胸の中では何かチクチクと刺さるような痛みを感じていました。それが何なのかは全く分かりません。決して寂しい訳ではありませんでした。

しばらくして、ジェリーの前に1匹の猫が現れます。トムよりも、のろまで小さい猫でした。ジェリーは、こいつで遊んでやろうと思い立ち、いつも通り罠を仕掛けました。

いつも通りの罠とは、チーズにネズミ捕りの罠を仕掛けたものでした。のろまな猫は、罠のところまでは来ますが、すぐにジェリーのところに向かって来て、ジェリーは、のろまな猫に噛みつかれて致命傷を負ってしまいます。

薄れてゆく意識の中で、ジェリーは「猫にネズミが敵うはずがない。トムはいつも私を逃がしてくれたんだな。ワザとやられたフリをしていたんだな」と思いました。
その時、ジェリーは胸の中でチクチクと刺さるような痛みの意味が分かりました。
それは、「かけがえのない人を失った【悲しみ」」でした。

この都市伝説は、アメリカを初めとして様々なところで伝えられている有名なお話ですが、果たして本当にこの最終回は訪れるのでしょうか。。。