スポンサーリンク

結婚式にまつわる都市伝説1

オカルト

一生に一度の大切な思い出になる結婚式ですが、最近は、婚姻届を出すだけで、結婚式を挙げる人が少なくなってきています。それでも女性であれば、一度は経験したいものだと思いますが、そんな美しく華々しい結婚式には、あまり知りたくない都市伝説が存在していました。

皆さんは、結婚式に出席した時に、「どこで知り合ったんだろう?」と思ったことはないでしょうか。
よほど親しい友人や知人だったら、馴れ初めを聞く事はできますが、あまり親しくない場合、出会いの経緯などを教えてもらえず、披露宴の司会の発言で知る人も多いと思います。

しかし、ほとんどの場合、馴れ初めについては触れられず、「共通の趣味を通じて・・・」などと曖昧な表現で終わることが多いと思います。
これについて、ベテランの司会人は「実は、こういった馴れ初めの話は印象をよくする為の方便な場合がほとんどなんです。例えば、よく耳にする”共通の趣味を通じて”というのは『出会い系で知り合った』という内容のことで、ナンパなどは『運命的な出会い』と表現することが多いんです。」と言われます。

確かに、披露宴で「出会い系で知り合いました♪」というのは、印象が悪いかもしれません。
それを隠すために、こういった曖昧な表現で誤魔化しているそうです。

他にも、合コンは「知人主催のお食事会」、婚活パーティーは「イベント」、友人の元カレや元カノの場合は「友人の紹介」と表現するらしいです。

インターネットの普及などによって、出会い系によって知り合うケースが多くなっていますが、この話をみてしまうと、今後結婚式に行った時に、司会者の話に聞き入ってしまうかもしれません。