スポンサーリンク

マキシマム ザ ホルモン亮君、“根本的な治療が難しい病気”を患っている可能性がある為、年内のマキシマムザホルモンのライブが全ての公演をキャンセルへ

エンタメ

人気ロックバンドの「マキシマム ザ ホルモン」が2019年11月10日に公式Instagramを更新し、ギタリストのマキシマムザ亮君が“根本的な治療が難しい病気”を患っている可能性があることから、年内に行われる全ての公演について出演をキャンセルすることを発表しました。

マキシマムザ亮君は、「日常生活は可能なものの、根本的な治療が難しい病気である可能性があるとの医師の所見を踏まえ、現時点で激しいライブを実施するのは難しいと判断」されたとの事です。

マキシマムザ亮君は、2015年に肥満が原因でさまざまな生活習慣病を発症していたこともあります。

今回の年内のライブの出演キャンセルは、すごく残念ですが、元気な姿でステージに復帰してもらえる事を祈っています。